メインイメージ画像

終身保険の長所と短所

Q.終身保険に入る長所と短所はどこですか?

A.終身保険は長生きできる現代社会を背景に出来た保障がずっと続いていく保険です。保険料は掛け捨てではないので、資産形成できる保険です。しかも、一時払いについては相続税対策ということで活用されています。反面、長い保険期間で、続けることが、きつくなった時、途中から解約を申し出た時、保険料全部は戻入にはなりません。資産形成として、利用していた場合には不利益になります。保険料も貯蓄性があるだけ安いものではありません。
以上の短所は貸付制度や減額制度の利用でカバーできる手段もありますので、まず、相談をしてみたらよいのではと思います。このような、長所と短所を理解した上で最善の選択をして、契約を考慮してもらえたらと思うのです。


Q.我々は娘たちはすべて独立をしてしまい、夫婦だけの世帯です。現時点まで、高い保険料を払ってきたのですが、今回見直してみようと思います。どんな種類の保険が最善でしょうか。

A.まず、省けると予想される内容は死亡保険でしょう。
お子様が自活されているので、もしもの時にお子さんの生活費を用意することはないと考えます。その差額を自分のためのお手入れにあて、大著保持に努めましょう。死亡保険を削減する分医療保険を充実させて下さい。現時点まで契約していなかったがん特約などにも加入することをすすめます。多くの特約は大抵の医療保険に取扱いがあります。今加入している医療保険の企業に確認してみることをして下さい。